sou.jpg

『紙と装』展
2011年12月7日(水)〜12月25日(日)

紙で包んだり、

紙で飾ったり、
紙を使って、モノを装うことで、
伝えたい気持ちがあります。

かみの工作所のディレクターの三星安澄さんは、
日頃から、紙を折ったり、切ったりしながら、
紙を道具として使うための実験を繰り返しています。

この展示では、
そんな三星さんが手がけた紙の道具を並べて、
あらためて、その構造を見直すとともに、
モノを紙で装う実験をおこないます。

シワスの落ち着かない時期ですが、
紙といっしょのシアワセな時間を過ごしに来てください。

ワークショップ

12月25日(日)
デザイナーの三星安澄さんの発案による
新しい紙袋のかたちをつくります。
詳細はしばらくおまちください。